<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お隣のフレンチ 「東京パリ食堂」

2ヶ月くらい前にお隣に引越していらした「東京パリ食堂」さん。厨房から毎日いいにおいがしてきて、行きたいなぁと思いながらなかなか行けず・・・・。休日出勤の日にやっと食べられました。
ランチは前菜とメインそれぞれお4種類から選べて、デザートと飲み物がついて¥1260。食いしんぼの私たちを満足させるボリュームでもちろん味も◎。おいしい!石田は大好きなソーセージをメインに。私は大好きな鴨をメインに。(鴨を選ぶと少しプラス料金になります。)この鴨は塩漬けになっていて、大根(これがほんのり甘くておいしい!)や鴨の下にある野菜のトマト煮込みと一緒に食べるのです。鴨の皮がパリパリしてて・・・・・・!!!!鴨好きの私お勧めの一品です。石田がいただいた自家製ソーセージも、写真を撮るまもなく私たちの胃の中にあっという間におさまってしまった前菜もどれもおいしかった!!。グリーンを基調にした店内も使っている食器もパリの街角にある食堂って雰囲気でいい感じですよ。
e0069553_12322680.jpge0069553_12325848.jpg
東京パリ食堂
http://r.gnavi.co.jp/g124900/
[PR]
by karakuri-tokyo | 2006-11-30 20:46

BEST FLOWER ARRANGEMENT 2006 Winter

e0069553_19442214.jpg
e0069553_19443342.jpg
お知らせが遅くなってしまいましたが、11月16日に発売された雑誌 「 BEST FLOWER ARRANGEMENT 2006 Winter 」(フォーシーズンズプレス) に作品が掲載されています。何回か作品を載せてもらっているのですが、この雑誌はとにかく写真がきれいなんです。また、海外の取材ページもとても多くて読み応えもばっちりです。
今回は、クリスマスガーランドのデザインで4点掲載されています(P274~276)。
よろしかったら是非ご購読ください。
BEST FLOWER ARRANGEMENT 2006 Winter
 http://www.fourseasonspress.co.jp/
[PR]
by karakuri-tokyo | 2006-11-18 19:45

メンデルスゾーン基金 チャリティ・ガラ・コンサート

 昨年のブログにメンデルスゾーン基金のためのチャリティーイベントのことを書きましたが、今年は東京で、メンデルスゾーン基金主催で「チャリティー・ガラ・コンサート」が開かれます。 
この基金の会長である、世界的指揮者クルト・マズア氏の指揮でメンデルスゾーンの名曲が演奏されます。
 メンデルスゾーンはモーツアルトと並ぶ天才と称されながら、ユダヤ人であったためになかなか正当に評価されず、ドイツのライプツィッヒにある住居は荒廃し、人手に渡りそうになったときにクルト・マズア氏の呼びかけで募金活動が始まり、メンデルスゾーンハウスが再建されたのです。メンデルスゾーンハウス再建の募金活動のときから、メンデルスゾーンの曾孫のスージーとお友達だった祖母がずっとかかわっていまして、私自身も出来上がったハウスを見に行きとても感激しました。
 2009年に迎えるメンデルスゾーン生誕200周年にむけて、さらにその先に優れた音楽家のために、またメンデルスゾーンの音楽を伝え広めていくために、ニューヨークやパリ、ヴェニス、ライプツィッヒなど世界各国で開催されているチャリティーイベントのひとつが12/10に有楽町の東京国際フォーラムで開かれます。
 私たちもクルト・マズア氏の指揮。庄司沙矢香さんのバイオリン、東京芸大学生オーケストラによるメンデルスゾーンの「イタリア」をはじめとする素晴らしい演奏をとても楽しみにしています。
 メンデルスゾーンのお好きな方はもちろん、メンデルスゾーンの名前だけは知っているという方もぜひぜひいらしてください!! 
 花楽里は、今年もコンサート会場にお花を飾らせていただくことになりました。ご来場の皆さんに少しでもお楽しみいただけるようにいろいろ考えております。

もし、ご興味のある方は
イープラス メンデルスゾーン・チャリティー・ガラ・コンサート 
までどうぞ。
[PR]
by karakuri-tokyo | 2006-11-14 21:20

Good job!

e0069553_18143340.jpg
e0069553_18145550.jpg
4日前にクリスマスリースのレッスンの告知を見て、もうこれからはクリスマスのネタばかりになってしまうんだな~、と思われた方も多いかと思いますが、早速これです。クリスマスカード。市場の仲卸しさんで、ふと目に留まりました。
押し花のクリスマスカードセットなんですが、これはフィリピンのミンダナオ島で作られてます。紙も島に自生する植物を漉いたもので、貼ってある植物も島のもの、現地で10人くらからで始めたこの作業も現在では3~400人くらいの雇用を生み出す産業になっているということです。
こんな話を聞くだけでも心動かされるのですが、その前になんと言っても、デキがいいんです。押し花のカードは他にも見かけますが、このカードは、まず作りが丁寧。デザインもあまり作りこみすぎてなく、ほどよく素朴さが残っていてあったかい感じがするんです。Xmasツリーのアップの写真を見てください。モミの枝にシダの葉を使ったりして、Good job!って感じでしょ?
これが4枚セットで、¥1,050。
1枚1枚にちゃんと紙の封筒がついて、さらに色紙の封筒(これにもワンポイントの押し花が)に入っています。図柄は8種類からランダムに4枚セットで、色紙は赤、オレンジ、緑の3色、25セット限定です。詳しくは、花楽里までお問い合わせください。お早めに。


うっ、深夜のテレビショッピングみたい・・・。
ちょっと反省。
[PR]
by karakuri-tokyo | 2006-11-03 19:14